今なお活躍する国鉄型車両(DE15)
2018年11月9日 2019シーズン試雪 あいの風とやま鉄道(富山〜糸魚川)

11月9日 雨のち曇一時晴
2018シーズン試雪 あいの風とやま鉄道(富山〜糸魚川)はこちら
 今年は日程が合わず3日目で初参戦(ちなみに11/7はDE15 1004、11/8はDE15 1518で試運転)。富山機関区でカマを確認してから滑川へ。気温が高く、めまぐるしく変わる天気に悩まされるが、往路はウィング開が2回も撮れて大満足。カマは色褪せ気味の DE15 1004だった。

滑川〜東滑川
10:02 試雪9561レ DE15 1004  雨の中ウィングを開いて通過

生地〜西入善
10:50 試雪9561レ DE15 1004

越中宮崎〜市振
11:13 試雪9561レ DE15 1004

 返しは青海のトンネル上の海を入れるポイントを考えていたが天気予報が外れ、陽が射してきてマダラになりそうだったので急遽、親不知駅へ。そこから高速ワープでもう一丁押さえて今年の試雪は終了。
 翌日は、青海のデンカ専用線でまだ撮っていない、ツートンカラーの後継機DD453の撮影、翌々日は糸魚川を朝出発し、松本駅であずさの切り離しを撮影。なかなかお目にかかれない簡易運転台のクモハ257を先頭にした2両編成の入換えを撮影して帰った。

親不知駅
12:54 試雪9562レ DE15 1004

入善〜泊
13:20 試雪9562レ DE15 1004